1998/5/15訪問

高梨氏庭園 花輪歴史館

野田市上花輪

2008/03/30登録


2001.08.13(平成13.08.13) 史跡名勝天然記念物指定

位置図へ

明治時代以降,主屋の建築群の改築に伴い,江戸時代以来の屋敷の地割を踏まえつつ堀割や石垣などが整えられた。
高梨氏は江戸時代を通じて上花輪村の名主を務めた豪農で,現在の邸宅の敷地において醤油の製造を始めたのは寛文元年(1661)のことと伝えられている。江戸時代後期になると,高梨氏はその中核的な存在として成長し、下総地方に特有の醤油製造による財力を背景として生まれた。
江戸時代後期に書院の前面に池や流れを中心とする庭園が築かれた