直線上に配置
台湾旅行 2005

高雄市 愛河のリバーサイド整備

「河邊曼波」という川辺散策という意味なのであろうか、思いがけないところで、リバーフロント整備がされものに巡り会った。高雄市の愛河(アイフー)という川の護岸工事が親水型で整備されていた。七賢橋から高雄大橋までの両岸の整備で、河川公園と一体に整備されている。2橋の中間に、ポイントとなる展望台をかねたモニュメントを作り、その周辺は、レストランとカフェを占用させている。
受電設備は美装化しているが、派手すぎて浮いている。しかし、ゲイト設備は上手に目隠しになっている。
占用しているレストランのメニューが
照明を兼ねている。
釣りも遊泳も禁止されていた。
河川空間をレストランが占用している。
くず入れは分別式で、色彩も抑えて望ましい色調である。
受電設備は美装化したつもりかもしれないが、色彩が周囲から浮いてしまっている。
ゲート設備を上手に利用して目立たなくしている。
愛河の左岸から右岸を見る
左岸から下流を見る
高雄大橋、橋脚にモニュメントを設置。
目次に戻る