直線上に配置
台湾旅行 2005

花蓮市のパブリックアート
花蓮市で泊まった花蓮中信大飯店(ファーレン・チャイナトラストホテル)の前のポケットパーク的な
空間にパブリックアートが設置されていた。3つの作品には、「2005花蓮市公所石彫刻芸術造街」
と記載されていたので、まさにパブリックアートでの街づくりという意味に違いない。
花蓮市は大理石の生産で有名な街であるか
ら、ホテルの外構として石を置き、その前に作
品が置かれている。
造形家:林恵石:作品名:行旅(跨越系列−2)
造形家:鄭詠鐸:作品名:牽手
造形家:張育璋:作品名:對話
このパブリックアートが置かれている前面の歩道も
大理石をはめ込んでデザインされている。
この交差点の斜め前の公園にもパブリックアートが
設置されている。
一方、隣接した公園の中には、古い形態の、
石の群が設置されていた。

目次に戻る