京都 2012

2012年12月25日(日)〜27日(水)


圓徳院(高台寺塔頭)


圓徳院(えんとくいん)高台寺の塔頭寺院。秀吉の死後に高台寺を建立した北政所ねねが実際に晩年を過ごしたところで、ここから高台寺に毎日かよったというのである。

しかし、高台寺の混雑とは異なり、比較的落ち着いた雰囲気で、ゆっくりと庭を見ることが出来る。これは桃山時代の作で、作庭家は賢庭だと重森三玲が推定している。
北庭 - 北書院の東に位置する。賢庭が作庭した伏見城北政所化粧御殿の池泉回遊式庭園を移したものである。それに際し、敷地面積にあわせて枯池泉座視式に改められた