2015年10月21日(水)〜26日(月)

京都・高野山 2015


醍醐寺 三宝院庭園  205-10-22

i位置図へ


総門
醍醐寺の創建は貞観16年(874年)、空海の孫弟子にあたる理源大師聖宝が准胝観音並びに如意輪観音を笠取山頂上に迎えて開山、聖宝は同山頂付近を「醍醐山」と名付けた。
ウィキペディアより



弁天堂
観音堂(旧大講堂)
祖師堂
醍醐天皇の御願により延長4年(926)に創建された建物。永仁、文明年間に二度焼失。現在の金堂は豊臣秀吉の命によって紀州(和歌山県)湯浅から移築が計画され、秀頼の時代、慶長5年(1600)に完成
五重塔
金堂

醍醐天皇のご冥福を祈るために朱雀天皇が起工、村上天皇の天暦5年(951)に完成
三宝院庭園
三宝院は永久3年(1115)、醍醐寺第14世座主・勝覚僧正により創建されました。醍醐寺の本坊的な存在であり、歴代座主が居住する坊
醍醐寺三宝院表書院
唐門